水素エネルギーとはエネルギー供給源の多様化

エネルギー供給源の多様化

エネルギー供給源の多様化

水素は、化石燃料、水、副生ガス、木質バイオマスなどの様々な資源から製造することができるため、資源小国である日本にとって、エネルギーの安全保障や安定供給などが期待されています。

また、水素は再生可能エネルギー由来の電力の輸送、貯蔵の手段としても活用できます。さらに、水素は液体水素や有機ハイドライド等による輸送・貯蔵が可能であるため、海外の褐炭や原油随伴ガス等の未利用エネルギーから水素を製造し、大量に国内に輸入するプロジェクトが検討されており、その際発生したCO₂を回収・貯留することで、CO₂排出を最小限に抑えることも可能です。

水素の製造方法

図

図7

水素の製造方法と特徴

図8

大きな図を見る