水素エネルギーとは水素エネルギーの意義について

水素エネルギーの意義について

水素エネルギーの意義について

水素エネルギーは、利用段階でCO₂を一切排出しないため、再生可能エネルギーの電力で水を分解して大量に水素を製造するシステムが実用化されれば、低炭素社会の切り札となります。また、水素は石油や天然ガスなどの化石燃料をはじめ、バイオマス等からも製造することが可能であり、エネルギー構造の変革にもつながります。

さらに、水素貯蔵タンクや燃料電池などの水素関連製品には、日本の高い技術力が集約されており、関連する産業分野の裾野も広いことから、高い経済波及効果が期待されます。 加えて、各種燃料電池製品を、非常用電源として活用することで、より一層災害に強い街づくりを行うことができます。

水素エネルギーの意義

水素エネルギーの意義

環境負荷の低減 エネルギー供給源の多様化 産業の裾野も広く経済波及効果が高い 非常時対応の観点からも有効

図3

環境負荷の低減

エネルギー供給源の多様化

産業の裾野も広く経済波及効果が高い

非常時の観点からも有効

(参考)身近な水素の利用例
水素は、石油コンビナートや製鉄所などにおいて、ガソリンや灯油などの最終製品を作り出すために、大量に活用されています。また、天然ガスが使われる前の昭和20年代から40年代にかけては、都市ガスとして、水素と一酸化炭素の混合ガスが使われており、毎日の暮らしの中での調理や風呂の給湯などに水素が活用されていました。
身近な水素の利用例
図2