水素の安全性について

水素の安全性について

水素の安全性について

水素は、気体の中でも燃焼速度は速いものの、拡散が速いため、密閉された空間で一定の濃度になるなど、限定的な条件下でなければ火が着くことはありません。

こうした特性を踏まえ、国の安全基準の下で、自動車メーカーや設備メーカー等において、適切な対策がされています。
水素を安全に扱う技術は確立されており、水素の特性を正しく理解し、安全対策を行えば、都市ガスやガソリンなどと同様に安全な利用が可能です。

水素の特性

水素は、可燃性の気体の中でも発火性が高く燃焼速度が速いが、拡散が速く発火しにくい特性があります。そのため、密閉空間で一定の濃度になるなどの限定的な条件下でなければ発火しません。

必要な安全対策

図12必要な安全対策

安全対策例(水素ステーション)

図13
大きな図を見る