水素エネルギーとは産業の裾野も広く経済波及効果が高い

産業の裾野も広く経済波及効果が高い

産業の裾野も広く経済波及効果が高い

燃料電池関連産業は、裾野の広い産業であることに加え、最先端の部品・部材・素材が必要になる。国内メーカーに技術優位性があるため、2014年12月には、世界に先駆け燃料電池自動車が市場投入されています。

水素・燃料電池関連の製品の普及により、2020年に年間0.8兆円、2030年に年間3.4兆円の産業創出効果が、2020年に3万人、2030年に12万人の雇用創出が期待されています※1

※1 資源エネルギー庁 第30回総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 トヨタ自動車株式会社提出資料、一般社団法人日本自動車工業会 「自動車産業の現状」(2013年3月)より

燃料電池産業の拡大による産業創出効果

図9

燃料電池産業の拡大による雇用創出効果

図9-2