水素社会実現に向けた政策目標

水素社会実現に向けた政策目標

水素社会実現に向けた政策目標

東京都では「水素社会実現に向けた戦略会議」で、東京2020オリンピック・パラリンピックでの活用に向けた環境整備として、普及初期である2020年までと2020年以降の普及拡大期を見据えた5つの課題に対する政策目標や具体的な取組を取りまとめ、平成26年12月に策定した東京都の長期ビジョンに反映させました。
今後は、水素社会の実現というレガシーを後世に引き継ぐため、新たな技術開発の成果等も適宜取り入れながら政策を着実に実行していく必要があります。

【課題1】水素ステーションの整備

【課題2】燃料電池自動車・バスの普及

【課題3】家庭用燃料電池や業務・産業用燃料電池の普及

【課題4】都民への普及・浸透

【課題5】安定的な燃料供給

水素社会の実現に向けた東京戦略会議とりまとめ(平成27年2月)より作成