水素社会実現に向けた都の支援策水素ステーション整備に向けた中小ガソリンスタンド事業者等への支援策

水素ステーション整備に向けた中小ガソリンスタンド事業者等への支援策

【水素ステーション整備に向けた中小ガソリンスタンド事業者等への支援策】

水素エネルギーの普及に当たっては、水素供給インフラである水素ステーションの整備が必要であり、そのためには既存のガソリンスタンドへの併設等、ガソリンスタンド事業者等の水素ステーション運営への参入が重要です。

 このため東京都では、新たに水素ステーションの整備・運営を検討する中小ガソリンスタンド事業者等を対象に、以下の取組による支援を行っています。

中小ガソリンスタンド事業者等への支援策 専用ページはこちら

≪水素ステーションの整備・運営に関する質問受付≫

水素ステーションの整備・運営に関する個別の質問を専用ページ上の入力フォームから受け付けています。

水素ステーションの整備・運営に関して、よくあるQ&A集も専用ページに掲載しています。

≪講習会≫

H28年度は終了しました。H29年度の開催日時については、決まり次第お知らせします。

既存のガソリンスタンド等への水素ステーション併設整備を進めるため、新たに水素ステーションの整備・運営を検討する中小ガソリンスタンド事業者等を対象として、水素ステーションの整備・運営に向けた、必要な情報提供を行う講習会を開催しています。

≪勉強会≫

H28年度は終了しました。H29年度の開催日時については、決まり次第お知らせします。

中小ガソリンスタンド事業者等を対象に、水素ステーション運営に必要な資格「高圧ガス製造保安責任者」国家資格における「法令」科目の勉強会を実施しています。

【資格試験・講習に関する情報発信】

<平成29年度(上期) 高圧ガス製造保安責任者講習スケジュール>

水素ステーションの運営には、有資格者(高圧ガス保安監督者)の選任が義務付けられています。高圧ガス保安監督者は、国家試験である高圧ガス製造保安責任者試験(甲種機械/化学、乙種機械/化学、丙種化学のいずれか)の合格が要件となっています。この試験では、「法令」「保安管理技術」「学識」の3科目を受験する必要がありますが、高圧ガス保安協会が実施する講習会の課程を終了し、検定試験に合格すると「保安管理技術」「学識」の2科目については受験が免除されます。

平成29年度(上期)の高圧ガス製造保安責任者講習のスケジュールについては、こちらよりご確認ください。

高圧ガス保安協会HP「講習の予定表・申込先」 はこちら

 

<国家資格試験「高圧ガス製造保安責任者試験」スケジュール>

例年、以下の日程で国家資格試験の受付及び試験を行っています。

○受付 8月下旬〜9月上旬

○試験日 11月(年1回)